CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< (自分の)誕生日によせて | main | ライオンの咆哮と列の方向 >>
夢のアンサンブル
以下のコンサートに行きました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
麻布アンサンブル 演奏会
2017年10月8日(日)14〜16時(予定)
入場無料 (おこさまも大丈夫です!)
場所:日本橋社会教育会館 8Fホール

曲目:
<第1部>(少人数による演奏)
『Trio C-dur op.87』 第1楽章 ベートーヴェン
『落ち葉の舞う季節』 渡部哲哉
『Trio Sonataト長調 BWV1038』 バッハ
『Oblivion』 アストル・ピアソラ
『抒情小曲集Op.12』 よりアリエッタ他 グリーグ
『You raise me up』シークレットガーデン
『Toss the feathers』コアーズ
<第2部>(全員で演奏)
『フィガロの結婚』より序曲 モーツァルト
『Cavalleria Rusticana』より間奏曲 マスカーニ
『The Little Mermaid - Under the Sea』 アラン・メンケン
『Begin the Beguine』 コール・ポーター
『ヴァイオリン協奏曲 四季』より『夏』『秋』ヴィヴァルディ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人形町駅に着くと、折しもお祭りが催されてゐて、関取が子どもたちと相撲をとつてゐました。



麻布アンサンブルは自分たちが東京在住の頃、所属してゐた音楽サークルです。小さなお子様オーケーなのに、子どもを意識したプログラムは一切ないといふ潔さでした。自分たちが本来やりたいことに近いです。ただし自分たちがやりたいのは、「普段の練習は子連れオーケーだけど、子どもを意識した曲を取り上げるわけではない」といふもので、本番をどうするかといふところまでは至つてません。とてもまだそこまで行き着かないといふ意味では、麻布アンサンブルは憧れでもあり、目標でもあります。

集客は、自分たちが所属してゐた頃より増えてゐました。新たにオーボエも加はつてをり、弦楽器に囲まれてステージに立つ姿に羨望の眼差しを送つたものです。

コンサート後、懐かしいメンバーらとロビーで歓談しましたが、皆様きらきらと輝いてゐて、充実した音楽ライフを送られてゐることが伝はつてきました。

そのあと、私たちと同様、かつて一緒に所属してゐたメンバー(つまり元麻布アンサンブル)たちと軽くお茶をしようといふ流れになりましたが、入れさうな店がないので、居酒屋で軽くビールを1杯だけ飲みました。自分はなんとかぎりぎり木管五重奏ができるか否かといふ環境を整へつつある途中段階といふ人が3人もゐるといふ珍しい構成でした。

私とトコ1とトコ0で桜木町に着いたものの、まだ飲み足りなかつたので野毛の街に繰り出しましたが、どこも非常に混んでゐたので諦めて帰りました。野毛の街は毎晩催し物をやつてゐるかのやうに賑やかです。



JUGEMテーマ:コンサート



| コンサート感想 | 22:59 | - | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:59 | - | - | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://2toko.jugem.jp/trackback/763
トラックバック